募集

【募集】2022年11月27日(日)ソーシャルビジネス勉強会「社会課題に挑む公認会計士」

2022.11.03

「様々な社会課題に対して、公認会計士としてどのように関わるのか?」というテーマで、メンタルヘルスの支援や病児保育等のソーシャルビジネスに本業として取り組まれてきた公認会計士のお二人に講演いただきます。

一見結び付きにくい「公認会計士」と「社会課題」ですが、ソーシャルビジネスに関わった経緯や監査法人時代との違いなど、お二人のリアルな話を聞くことで、公認会計士が社会課題に取り組む意義をより身近に感じられるはずです。

ソーシャルビジネスのリアルなお話を伺える貴重な機会となっておりますので、将来のキャリアに悩まれている、ソーシャルビジネスに興味があるもののどう踏み出せばいいか知りたい公認会計士及び準会員の方はぜひご参加ください!

◆開催概要◆

●⽇時 2022年11⽉27⽇(日) 14:00〜16:00

●場所

【リモート参加者】
Zoomを利用して、各自のパソコン環境でご視聴ください。

【会場参加者】
CPASS LOUNGE
東京都新宿区新宿3-14-20 新宿テアトルビル6F
※CPA会計学院新宿校と同じビル内になります。
TEL:03-6384-1250
〈交通のご案内〉
JR「新宿駅」東口から徒歩5分
「新宿三丁目駅」B3出口から徒歩3分/B5出口から徒歩2分

●プログラム:(内容は変更となる場合があります)

1.講演

・ソーシャルビジネスに関わる経緯

・ソーシャルビジネスにおいて取り組んできたこと

・ソーシャルビジネスに関わってから気づいたこと

2.パネルディスカッション・質疑応答

参加者の皆様からいただいた質問に適宜回答

※リアルタイムの質問(Slidoを使用)のほか、事前質問も受け付けております。申し込みフォームの記入にご協力をお願いいたします。

●登壇者

【講師】

・横山正宏 第一カッター興業株式会社社外監査役、認定NPO法人フローレンス元CFO、公認会計士

(経歴)

有限責任監査法人トーマツにて、国内上場企業の会計監査に従事した後、2018年認定NPO法人フローレンスCFO就任。保育や子育ての社会課題解決を目指す組織の財務責任者として、バックオフィス部門を統括。2020年に横山正宏公認会計士事務所として独立。「ビジネスとソーシャルの架け橋」を合言葉に、NPOや社会性の高い企業に対して、会計財務面からのサポートを実施。2021年第一カッター興業株式会社(プライム市場上場) 社外監査役就任。

・林田絵美 株式会社キズキ取締役、公認会計士

(経歴)

「何度でもやり直せる社会を作る」をビジョンとする株式会社キズキ取締役・公認会計士。うつや発達障害の方が会計・英語・マーケティング等を学び、キャリアを築くための「キズキビジネスカレッジ」、メンタルケアやスキルアップを通じてキャリアを拓くデジタルサービス「キズキクラウド」、障害者の雇用・戦力化の企業様向けコンサル「キズキHRサポート」を新規事業として立上げ。早稲田大学政治経済学部卒。発達障害当事者。

Twitter:https://twitter.com/lin_douob

株式会社キズキ:https://kizuki-corp.com/

【ファシリテーター】

・菊池諒介 プルデンシャル生命保険株式会社東京第三支社コンサルティング・ライフプランナー、NPO法人Accountability for Change理事、公認会計士

●参加費 無料

●CPE 2単位 (研修コード5999 その他)

●定員 会場:30名、オンライン:30名(要申込)

●募集締切 2022年11⽉21⽇(月)

●申込 東京会ウェブサイトからお申し込みください。

●お問い合わせ先 青年部特別委員会e-mailアドレス:jicpa.tokyo.forest@gmail.com

※Zoomを利用して、集合研修と同時にリモート研修として配信いたします。開催が近づきましたら、リモート参加申込の方には、参加URLをメールにてお送りいたします。
※リモート参加者の単位登録については、協会本部のCPE ONLINEにて行います。未登録の方は必ず事前にCPE ONLINEにご登録の上、ログインできるか事前にご確認をお願いいたします。
※受講券の発行はいたしませんが、満員の際はご連絡いたします。
※参加申込み後にキャンセルされる場合は、東京会ウェブサイトからキャンセル手続きを行うか事務局までご連絡くださいますようご協力をお願いいたします。また、イベント前日・当日のご連絡は青年部特別委員会のe-mailアドレスまでお願いいたします。