CPA TALKs

CPA TALKs MOVIE / 梅澤真由美

会計士のワークシフト、ライフシフト

キャリアは「わらしべ」によく似ています。自分では大したことがないと思うスキルや経験も、欲しい人は必ずいる。例えば、私が長年憧れていたディズニーに移れたのも、マクドナルドでの経験を買われてのことでした。

組織内会計士として何を思いどう働いてきたのか、そして独立後は「わら」をどのように生かしているのか。監査法人・事業会社・独立という3つの働き方・生き方を経験した立場から、お話しします。

No.021

2022.09.17

梅澤真由美

管理会計ラボ株式会社 代表取締役

2002年公認会計士試験に合格後、監査法人トーマツ(当時)東京事務所に4年間勤務。 事業会社に転じ、日本マクドナルド(株)にて内部監査・経理・予算管理を経験。その後、ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)では、ファイナンスマネージャーとして、上海進出を含むアジア地域小売業の経営企画を統括。 10年間の事業会社勤務を経て、2016年に独立。現在は、管理会計専門の教育会社である管理会計ラボ(株)にて、代表取締役を務めながら、自らも講演に多数登壇している。執筆においても、「経営財務」などの雑誌連載に加え、これまでに10冊の著書を出版、その中には海外数か国で翻訳されたものも。個人としては、複数の上場会社の社外役員、内閣府の有識者会議委員などを歴任。 京都大学農学部卒業。男女双子の母。趣味は旅行で、海外は40か国超に渡航(今はオンライン旅行で我慢)、国内は日本2周目に挑戦中。

一覧へ戻る