活動報告

2020年1月12日(日)CPA College「有識者と深める管理会計実地講座 -プロ野球収益管理編-」

2020.02.02|CPA College

【青年部で横浜スタジアムで研修を行いました。】

新年1月12日に横浜スタジアムに於いて、DeNAの横浜買収後から球団経営に関わっている㈱横浜DeNAベイスターズ取締役の萩原氏、
レベニューマネジメントを専門に研究されている専修大学教授青木先生をお招きして、青年部で座学講義とスタジアムツアーを行いました。

第1部は萩原氏によるスタジアムツアーで観客席だけではなく、スタジアムの裏側の部分や新設エリアへ立ち入りどう収益性を高めるのか、
また単に座席数を増やせばよいわけではないこと、競合は他球団ではなく、余暇に費やされるもの全てのエンタメが対象であることなど、見学中にもビジネスの観点で様々解説いただきました。

第2部の会計講義では、収益管理を研究されている立場から野球の変動価格制の基本的な考え方の説明から始まり、
他エンターテインメントの価格設定方法との異同や採るべき戦略の違いについて実際のケースを用いてわかりやすく解説いただきました。

青年部委員の宮本と奥村を加えた第3部のパネルディスカッションでは、球団経営で苦労した点や意識している点から、どういう公認会計士がスポーツビジネスで活躍できるかという点など議論が多岐に渡り、大盛況となりました。

青年部としては、見学という現場を見る講義と座学を組み合わせた初めての取り組みで、参加者の満足度はこれまでにない高いものでした。
今後も青年部は様々な活動を行っていきますので、ぜひ注目してください!